Welcome 2 The Dawn.
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
菊花開

二十四節気 寒露

五十侯 次候 菊花開

『きくのはなひらく』

 

寒露も次候である。

旧暦の九月九日は、

重陽の節供で時期的に

菊の花が盛りであろうか。

 

陽数の奇数、そして最大数。

陰陽、道教的でもある。

 

台風一過で各地で被害甚大で、

復旧までには、時間を要する。

国難として国が援助を行うべき

だと思うが、迅速な対応を期待。

 

予定では、12日に所用が有ったが、

今回の台風で16日にずれ込む。

お陰で16日は、滞空時間が長い。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

 

01:41 Life comments(0)
鴻雁来

二十四節気 寒露

四十九侯 初候 鴻雁来

『こうがんきたる』

 

寒露も初候も随分と過ぎ、

そろそろ次候へと移る時期。

 

『非常に強い勢力』の台風が

接近しており週末の都内は、

如何であろうかと思う。

 

12日午後に用事が有るが、

果たして大丈夫であろうか?

変更するなら金曜日中である。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

02:58 Life comments(0)
水始涸

二十四節気 秋分

四十八侯 末候 水始涸

『みず はじめてかる』

 

所用にて外出する。

やや有って無事に帰宅。

帰宅後、雑事など済ませて

現在に至る。

 

秋分も数日中に終わる頃で、

次節気は、寒露である。

朝夜の寒暖差が大きくなる時期。

体長管理に留意して過ごそう。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

 

03:16 Life comments(0)
末日も近いですな

二十四節気 秋分

四十七侯 次候 蟄虫培戸

『むしかくれて とをふさぐ』

 

秋分も次候である。

今月も末日が近い。

このまま年末であろうか。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

01:39 Life comments(0)
彼岸

二十四節気 秋分

四十六侯 初候 雷乃収声

『かみなり すなわち こえをおさむ』

 

秋分である。

『お彼岸』と云う事である。

太陽が真東から昇り真西に沈む。

西方の彼方、極楽浄土へ到達。

 

 

祖霊に思いを馳せて、お墓まりなど

行くべきであろうが、そうも行かず。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

01:42 Life comments(0)
玄鳥去

二十四節気 白露

四十五侯 末候 玄鳥去

『つばめさる』

 

白露も末候を迎えまして、

次は、秋分となるのか思うと、

時が過ぎ行くのは、早いですな。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

01:30 Life comments(0)
鶺鴒鳴

二十四節気 白露

四十四侯 次候 鶺鴒鳴

『せきれい なく』

 

先日、暑さが戻ったと思いきや、

いきなり涼しくなってしまう。

 

此の所、少し慌ただしく、

外出が多い様な気がする。

比例してデスクトップが

少しづつ荒れて行く有り様。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

 

02:22 Life comments(0)
草露白

二十四節気 白露

四十三侯 初候 草露白

『そうろ しろし』

 

少し涼しくなったと思いきや

暑さが戻って、夏の様である。

 

白露に入って二日過ぎたが、

外は、台風で雨風が強い。

 

朝までこの調子らしいが、

どうであろうか?

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

 

03:38 Life comments(0)
禾乃登

二十四節気 処暑

四十二侯 末候 禾乃登

『こくものすなわちみのる』

 

昼を随分と過ぎた頃、

所用にて外出する。

時間もかからず帰宅。

 

今週も慌ただしい感じで、

何かと用事が多めである。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

 

00:38 Life comments(0)
天地始粛

二十四節気 処暑

四十一侯 次候 天地始粛

『てんち はじめてさむし』

 

本日、早めの行動な一日。

所用にて外出して、そのまま次へ。

夜より小雨であったが、

本降りにならずに助かった。

滞空時間長めの一日であった。

 

天地始粛と云うだけあって、

朝夕と少し気温が下がっており

前よりも過ごし易い感じである。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

00:39 Life comments(0)
1/369PAGES >>