Welcome 2 The Dawn.
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
橘始黄

二十四節気 小雪

六十侯 末候 橘始黄

『たちばな はじめて きばむ』

 

此の所、慌ただしく過ごしおり、

気が付けば、小雪も末候である。

不安定な天気の一日であった。

 

先日まで山茶花梅雨であったが、

所用の有った日は、晴れており、

これは、幸いであった。

 

師走に入り、いよいよ年末。

今年も終わりが近い。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

 

 

00:54 Life comments(0)
朔風払葉

二十四節気 小雪

五十九侯 次候 朔風払葉

『きたかぜ このはを はらう』

 

気が付ば、とっくに過ぎ去っていた。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

00:47 Life comments(0)
虹蔵不見

二十四節気 小雪

五十八侯 初候 虹蔵不見

『にじ かくれて みえず』

 

所用にて外出する。

やや有って無事帰宅。

 

朝から雨が降り続く、

寒い一日であった。

 

小雪

日差しが弱まり、曇り空が

多くなる季節であるらしい。

なるほど、そんな風情である。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

00:14 Life comments(0)
金盞香

二十四節気 立冬

五十七侯 末候 金盞香

『きんせんかさく』

 

所用にて、早めの起動。

何かと有って深夜に帰宅。

相変わらず滞空時間は、長め。

 

さっさと書き物をしたいが、

かなり効率が落ちているので、

再起動後に持ち越しとした。

 

朝晩と寒くなっており、

流石に立冬の風情である。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

04:01 Life comments(0)
地始凍

二十四節気 立冬

五十六侯 次候 地始凍

『ち はじめて こおる』

 

所用にて、早めの起動。

諸事、諸々有って無事帰宅。

最近、長めの滞空時間多し。

 

早々に雑事を済ませたいが、

遅々として進まずな感じで、

如何したものかと思う。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

01:04 Life comments(0)
立冬

二十四節気 立冬

五十五侯 初候 山茶始開

『つばき はじめて ひらく』

 

二十四節気で立冬過ぎた。

早いもので、今月も中旬。

このまま月末になり、

年末に向かって加速。

 

山茶は、ツバキ科なので、

立冬の時期、先駆けて咲くのが

山茶花であるが、一見すると

椿と山茶花の違いは、分からず、

散り方に違いがある。

 

ツバキと云えば、思い出されるのが

椿大神宮(ツバキオオカミヤシロ)。

前に参拝して以来、暫く伺ってない。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

 

23:52 Life comments(0)
楓蔦黄

二十四節気 霜降

五十四侯 末候

『もみじつたきばむ』

 

霜降の末候を幾日か過ぎた頃。

日中は、日差しも出て暖かいが、

朝夕は、気温も下がっており、

体長管理に気を遣うこの頃。

 

連休中は、都内に居たが、

主要幹線道路は、交通量も

少なめで、これが日常なら

何とも有り難い事であろうか。

 

次の節気は、立冬である。

年末も近いと思ったりする。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

12:39 Life comments(0)
霎時施

二十四節気 霜降

五十三侯 次候 霎時施

『こさめ ときどき ふる』

 

本日は、所用にて外出する。

やや有って、無事帰宅した。

 

今月も終わりに近づきましたが、

雨や台風の影響で晴天日が少ない。

と云うか殆どの無い月であった。

 

朝晩の気温も随分と下がり、

体長管理に気を付けたいところ。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

00:09 Life comments(0)
霜降

二十四節気 霜降

五十二侯 初候 霜初降

『しも はじめて ふる』

 

本日は、所用にて外出する。

先程、無事に帰宅した。

 

毎週台風が来ておりますが、

これ程、復旧を待たずに

次々と通過して行くのは、

二次、三次災害を齎すので、

何とかしてもらいたい。

 

国に対応策を講じて頂きたい。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

 

02:05 Life comments(0)
蟋蟀

二十四節気 寒露

五十一侯 末候 蟋蟀在戸

『きりぎりす とに あり』

 

此の所、朝夕の気温も

随分と下がっており、

体調管理には、気を使う。

 

台風一過で日を追う毎に

各地の被害状況が判明し、

今後、国の対応が待たれる。

 

日々、恙無く過ごしており、

平穏無事で善き事である。

01:37 Life comments(0)
1/370PAGES >>