Welcome 2 The Dawn.
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
末候 玄鳥去

夜も更けました。

 

そろそろ白露も終わる。

末候 玄鳥去である。

 

碧空溶溶月華靜

月裏愁人弔孤影

花開殘菊傍疎籬

葉下衰桐落寒井

塞鴻飛急覺秋盡 

鄰雞鳴遲知夜永 

凝情不語空所思 

風吹白露衣裳冷

 

『晩秋夜』

白居易

 

何とも風流でよろしい。

平穏無事で善き事である。

02:28 Life comments(0)
諸事

夜も更けました。

 

所用にて外出する。

長めの滞空で有った。

帰宅後、追加で少々。

 

先程、諸々の仕込みを

終えて、現在に至る。

 

蜀僧抱緑綺

西下峨眉峰

為我一揮手

如聴萬壑松

客心洗流水

遺響入霜鐘

不覚碧山暮

秋雲暗幾重

 

『聴蜀僧濬弾琴』

李白

 

蜀僧 緑綺(りよくき)を抱き

西の方峨眉の峰を下る

我が為に一たび手を揮へば

万壑(ばんがく)の松を聴くが如し

客心 流水に洗はれ

遺響(いきやう)霜鐘に入る

覚えず碧山の暮れ

秋雲暗きこと幾重

 

緑綺:

司馬相如の琴の銘であったが

これが転じて琴の異名となる

 

風流ですな。

 

平穏無事で善き事である。

02:02 Life comments(0)
平穏

夜も更けました。

外は、雨の様子。

 

所用にて外出する。

やや有って無事帰宅。

 

先日より件の庭仕事などを

少しづつ進めておりまして、

随分とスッキリした状態。

 

相変わらず芙蓉の木を

どうしたものかと思案中。

これから開花するので、

それが終わったら剪定か。

 

毎年、白花彼岸花が咲いており、

これはこれで貴重な感じ。

 

平穏無事で善き事で有る。

01:13 Life comments(0)
鶺鴒鳴

夜も更けました。

 

所用にて外出する。

早々に終わらせ無事帰宅。

 

昨日、本日と涼しい気候。

二十四節気で云う所の

白露 次候の『鶺鴒鳴』

 

この位の気温なら庭の

手入れなども捗るか?

 

平穏無事で善き事である。

01:58 Life comments(0)
平穏

夜も更けました。

 

外では、猫の闘争が

始まっており騒々しい。

平穏と言い難い状態。

 

と思ったら静かになった。

 

本日、庭の手入れを行う。

思ったよりも捗ったが、

道半ばと云うところである。

時間をみて続きをやろう。

 

芙蓉が随分と大きくなり、

これはこれで良いと思うが、

少々、大きすぎる感も有る。

どうしたものか。

 

平穏無事で善き事である。

 

 

01:43 Life comments(0)
早朝

お早う御座います。

台風一過の早朝である。

 

昨日、予定してたタスクが

無くなり、早々に帰宅する。

 

関西地方の被害が甚大で、

復旧が大変そうであるが、

激甚災害に指定するべきかと。

 

今現在、内閣府防災は、何も

発信しておら機能停止状態。

現状を一考頂きたいものである。

 

 

本日も平穏無事であろうか?

07:22 Life comments(0)
末日

夜も更けました。

 

気が付けば八月末日。

そろそろ暑さも収まって

欲しいが残暑も厳しい。

 

何処秋風至

蕭蕭送雁群

朝来入庭樹

孤客最先聞

 

『秋風引』

劉禹錫

 

何処よりか秋風至る  

蕭蕭として雁群を送る

朝来 庭樹に至る

孤客 最も先に聞く

 

二十四節気で一週間も

すれば白露であるが、

この感じだと未だ遠い。

 

平穏無事で善き事である。

02:03 Life comments(0)

夜も更けました。

 

台風が接近しており、

気温も下がり外は、雨。

 

諸々で現在に至る。

今日は、割と捗って、

終わりも近い状態。

 

このまま続けるか?

一度、終了するか?

悩ましい所である。

 

平穏無事で善き事である。

02:50 Life comments(0)
気が付けば

夜も更けました。

 

東日本では酷暑が

少し収まった模様。

気温が下がっており、

今日は、過ごし易い。

 

気が付けば、既に日付が

進んでいると云う状態。

 

諸々が終わらず状態で

再起動後に持ち越し。

 

平穏無事で善き事である。

 

 

 

02:57 Life comments(0)
酷暑

本日も夜が更けました。

 

所用にて外出する。

やや有って無事帰宅。

 

外出する際にあまりに

高い気温で少々参った。

 

夜にマシになったが、

暑い事に変わりない。

 

歩歩躡飛雲

初疑夢裏身

村鶏數聲遠

山舎幾家鄰

不雨溪長急

非春樹亦新

自從開此嶺

便有客行人

 

歩歩 飛雲を躡む

初め疑ふ 夢裏の身なるかと

村鶏 数声遠く

山舎 幾家か鄰なり

雨ふらずして 渓長に急に

春ならずして 樹亦新たなり

此の嶺を開きしより

便ち客行の人有り

 

『處州』

蒼嶺

 

暑いですが風流ですな。

平穏無事で善き事である。

00:14 Life comments(0)
<< 2/363PAGES >>