Welcome 2 The Dawn.
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
白露
明けて本日は、白露。
外気も下がり庭に猫。

白露を
玉になしたる
九月の
有明の月夜
見れど飽かぬかも

『万葉』

風流ですなぁ。
01:33 Tradition comments(0)
庭の
夜も更けましたなぁ。

庭の芙蓉も随分と咲いてますが、
残念な事に朝に咲いて夕方には、
萎れてしまうと云う感じですな。

当然ですがこの時間、萎れてます(笑)

秋風の
吹き扱き敷ける
花の庭
清き月夜に
見れど飽かぬかも 

『万葉』
大伴家持

誠に風流でよろしいですなぁ。
01:40 Tradition comments(0)
雨ですなぁ
所用の為、外出。
帰宅時に少し雨。

新たな月となりました。
秋の風情も感じられます。

天の原
おもへばかはる
色もなし
秋こそ月の
光なりけれ

『新勅撰』
藤原定家

長期の天気予報に依れば、
今月は、晴れる日が少ないと
云う事で、少々残念感じ。
23:59 Tradition comments(0)
月齢は、
本日も無事に終了か。

日中、曇っていたと思いますが、
夕暮れ頃には、雲が切れまして、
空が見えておりましたな。

空気感とかは、秋な風情。
月齢は、三日月を過ぎて少し。

秋風に 
たなびく雲の 
絶え間より  
もれ出づる月の 
影のさやけさ  

『新古今集』 
左京大夫顕輔 
(さきょうのだいぶあきすけ)
( 藤原 顕輔 )

風流で善いですなぁ。
23:18 Tradition comments(0)
夕立の
夕方に少しだけ雨が
降っておりまして、
夏の終りの風情でしたな。

夕立の
雲もとまらぬ
夏の日の
かたぶく山に
ひぐらしの声

『新古今』
式子内親王

流石に式子内親王。
何とも風情が有りますなぁ。
23:16 Tradition comments(0)
窓ちかき
夜も更けまして、外は、
若干風が吹いております。

窓ちかき
竹の葉すさぶ
風の音に
いとどみじかき
うたたねの夢

『新古今』
式子内親王 

事実、庭に竹が有る訳でして、
この謌が思い出されますな。

流石に『技巧主義の藝術』
式子内親王でございます。
風流でよろしいですなぁ。
01:45 Tradition comments(0)
夏は、夜。
気温も上がりまして、
本日も暑かったですな。

夏は、夜。 
月の頃はさらなり。
闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。
また、ただ一つ二つなど、
ほのかにうち光りて行くもをかし。
雨など降るもをかし。

枕草子など思い出しながら、
日が暮れて行きましたなぁ。

まこと、風流で
よろしいですなぁ。
00:12 Tradition comments(0)
窓ちかき
夜になって気温が下がりました。
どうも寒暖差が有りますなぁ。

窓ちかき
竹の葉すさぶ
風の音に
いとどみじかき
うたたねの夢

『新古今』
式子内親王

『技巧主義の藝術』
とまで評価された歌人。

庭の竹も伸びてきまして、
不要な所は、伐採したい。
01:00 Tradition comments(0)
春の
朝は、小雨が降っておりまして、
夕刻には、雨も上がって晴れ。

どうも朝夕で気温の
変動が有り参りますなぁ。

雲なくて
おぼろなりとも
見ゆるかな
霞かかれる
春の夜の月

『山家集』
西行

月齢も満月に近く、
明後日辺りが満月。

先程、窓を開けましたら
結構涼しく感じましたな。
23:55 Tradition comments(0)
春雨ぞふる
一日、雨ですなぁ。

花は散り
その色となく
ながむれば
むなしき空に
春雨ぞ降る

『新古今』
式子内親王

風流ですなぁ。
01:58 Tradition comments(0)
<< 2/20PAGES >>